8/5 あぶくま洞ヒルクライム

田村市滝根町のあぶくま洞にてヒルクライムレース8月5日初開催

 WEBエントリー 7月27日まで
https://gicz.jp/open/abukuma

1stStage 星の村天文台&あぶくま洞から 個人タイムトライアル3km(ネットタイム)

2ndStage あぶくま洞入り口ゲートから左回りでクラス別スタートのヒルクライム

1stStageでのタイム差順で時差でスタートする方式を採用します。

少しゆるやかな勾配の個人TT約3kmでのタイム差を元に
ハンマーシリーズや弱虫ペダル時差スタートで競うヒルクライム。

【大会要項】
開催日平成30 年8月5 日(日)

競技内容
上記の大会コースを使用したタイムトライアル(競技中車両通行止めも含め実施)

【タイムスケジュール】

7:00-07:50 当日受付(前日受付は、土曜日夜仙台平キャンプ場で前夜祭(宿泊も可)で行う

8:00 開会式(各挨拶)・競技説明

8:30 1stステージ ネットタイム およそ15秒間隔

その後2ndステージコースをゆっくり確認しながら下山

10:00 2ndステージ 1stステージの時差によりスタート

12:00 あぶくま洞特設ステージにて表彰式

13:00~ コスプレクラス参加の方 あぶくま洞(鍾乳洞)内にて撮影会

【参加賞】
あぶくま洞 入洞券(1200円)ヒルクライム後、ぜひ鍾乳洞を御覧ください 

主  催

あぶくま洞ヒルクライム実行委員会

主  管

ツール・ド・ふくしま実行委員会

申込開始

7月1日

申込締切

7月26日

※定員に達し次第募集を終了します。

表  彰

各部門6位まで

1~3位にはメダル・賞状・賞品、4-6位は賞状

【ツール・ド・ふくしまポイント】
アスリートはランクAのポイントを付与する
その他はランクBのポイントを付与する。別途山岳賞ポイントも2ndステージ
の1~6位に配点し、総合と山岳の表彰を行う

ツール・ド・かつらお終了時
総合 岩島啓太選手(MIVRO) 山岳 John Tysome 選手(MIVRO)

参加定員

250名

参加料

  • アスリート、男子、女子 5,000円

  • キッズ(小学生)、ママチャリ ※3kmコース 1,000円

(傷害保険料・参加記念品含む)

参加資格

小学生以上の健康な男女で、本コースを競技時間内で完走できる自信のある方。

但し、未成年は誓約書、必要書類を提出して許可を受けた方。


【カテゴリー】

No 競技カテゴリー 区分
1 アスリートクラス JCF登録やホビーレース上位経験者
2 ロードレーサー男子A 中学生~24歳
3 ロードレーサー男子B 25歳~39歳
4 ロードレーサー男子C 40歳~49歳
5 ロードレーサー男子D 50歳~59歳
6 ロードレーサー男子E 60歳以上
7 ロードレーサー女子A 中学生~34歳
8 ロードレーサー女子B 35歳以上
9 キッズ(小学生) この2部門は1stステージ(3km)で競う。キッズ(小学生)で自身があるものは男子Aに参加も可
10 ママチャリ

その他、コスプレクラス コスプレクラス参加者は 表彰式後13時を目安に
あぶくま洞(鍾乳洞内)にてコスプレクラス参加者だけの撮影時間を設ける

【競技・計測について】
1stステージ(個人山岳TT3km)ネットタイム計測で行う
2ndステージ(西山産業さん入り口より 1stステージのタイム差を元に
先頭がスタート時からタイム計測行うグロス方式で計測する)

(表彰はカテゴリごとに行うが、レースはカテゴリ混走となります)
カテゴリ分けは行うが、出走は1stステージのタイム差で2ndステージを行うため、自分の参加カテゴリ以外の選手と走ることになる。そのため自分と同じクラスのゼッケンの色を必ず確認すること
【エントリーリスト掲載時にBIB番号 アスリート1~ 白 などを掲載するので確認してください】

例:1stステージ1位 8分00秒 2位8分05秒だった場合
1位スタートの5秒後に2位がスタートする弱虫ペダルインターハイ編やハンマーシリーズの方式で行う

【スタート順について】
1stステージの結果を元に時差スタートとする(カテゴリごとではなく全参加選手での時差スタート)
※全参加選手での先頭から1stステージで8分以上遅れる場合は、交通規制時間の関係先頭からタイム差8分1秒以降の選手で号砲同時スタートの場合もあることに注意。

【注意事項】

  1. ヘルメット、グローブの着用を義務付けます。
  2. ライト、かご、ミラー、スタンドなど走行時に接触する危険性のある部品や転倒時に危険と思われる部品は取り外したうえで御参加下さい。
  3. 自転車の検車は行いませんが、整備不良が原因で落車の引き金となった場合は失格とします。
  4. 大会運営に支障を起こすことが予想される方は、参加をお断りする場合があります。
  5. 大会競技および付帯行事の開催中、個人の所持品に関しては、自己の責任で管理して下さい。
  6. ゴミは各自持ち帰ること。
  7. 競技の進行と周辺への自然環境への配慮にご協力ください。
  8. 山岳部をコースとするため天候が変化しやすく、かつ山麓と上部では天候状況が大きく異なる場合があります。大会当日の早朝に、競技の可否を実行委員会で決定します。万一、競技が中止となった場合でも大会参加料は返却できませんのでご了承下さい。

 表彰式会場はあぶくま洞や星の村天文台にて実施